愛知県道33号主要地方道瀬戸設楽線

奥三河東へ急行せよ

路線名愛知県道33号主要地方道瀬戸設楽線
走行区間愛知県瀬戸市東本町→愛知県北設楽郡設楽町田口
走行日2003/10/25
道路状況車線:1.0〜2.0混在 路面:舗装一部荒れ目立つ
交通規制裏谷〜宇連 幅員2.2m 大名倉トンネル 高さ規制3.7m
その他注意点瀬戸市赤津町付近センターラインあるが、幅が狭い上大型車通行多し。大名倉トンネル先に採石場有り平日ダンプカーに注意
寸評愛知県内で有数の延長を持つ県道、軒先を走ったり山道を走ったりと変化に富む。藤岡町〜足助町は右左折多いが案内板がしっかりしている。

愛知県の北西部のよく北三河と言われる地域は
結構山深い地域になります。
そこを尾張から東三河まで抜けるルートと言えば
まずはR153が思いつきますし
R301やR420などの国道も通っています。
このように道は数有れど、
一本の県道で抜けるとなると、
このr33くらいしか思いつきません。
山間部を走る為険しい道も予想されますが
どれほどのものか調査に向かいました。
まずは起点の瀬戸市内に車を走らせました。


スタート

ゴール

マピオン マピオン

その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7

県別愛知 さまよいの軌跡 試練の回廊