岐阜県道234号一般県道垂井停車場線

草まみれるプラットホームへ

路線名岐阜県道235号一般県道新垂井停車場線
走行区間岐阜県不破郡垂井町府中→岐阜県不破郡垂井町大石
走行日2006/7/16
道路状況車線:1.5 路面:良好
交通規制無し
その他注意点特に無し
寸評垂井市街とJR新垂井駅跡を結ぶ県道。集落を結びカクカク曲がりながら進む趣のある道。新垂井駅廃止の後県道指定も外れました。


スタート

ゴール

マピオン マピオン

岐阜県道235号不破郡垂井町府中

垂井市街からr257を北へ進み相川に架かる御幸橋を渡ります。

岐阜県道235号不破郡垂井町府中

朱色に塗られたガードレールが欄干の御幸橋を渡り切りますと
r257は左に曲がり相川の堤防を走り岩手方面に向かいます。
ここをまっすぐ進みますとr235になります。

岐阜県道235号不破郡垂井町府中

左側に建つ大きな医療施設を見ながら1.5車線の道をまっすぐ進みます。

岐阜県道235号不破郡垂井町府中

民家の中に田んぼが点在する中道は北へまっすぐ延びています。

岐阜県道235号不破郡垂井町府中

周りに民家が密集して来まして道幅が狭くなって来ました。

岐阜県道235号不破郡垂井町府中

いきなり民家の間に右側に鬱蒼とした林が現れますが、
この奥には安立寺というお寺さんがあります。

岐阜県道235号不破郡垂井町府中

府中の集落の中を進み民家が沿線建ち並びますが
狭い歩道付きのセンターラインの無い道ながら
少し道幅がありまして圧迫感はありません。

岐阜県道235号不破郡垂井町府中

庭付きの民家が路肩に建ち並びまして、
石塀や生垣に沿って道が延びています。

岐阜県道235号不破郡垂井町府中

緩やかに坂を登りながら微妙に右にカーブして行きます。

岐阜県道235号不破郡垂井町府中

カーブを曲がった先に信号機付きの府中交差点がありましてr53と交差します。
左に曲がりますと関ヶ原、醒ヶ井方面に向かいます。
右に曲がりますと赤坂、池田方面に向かいます。

岐阜県道235号不破郡垂井町府中

府中の交差点をまっすぐ北に向かって進みます。
実はこの道r53の旧道になりまして
1.5車線の先ほどからの道幅で道が続いています。

岐阜県道235号不破郡垂井町府中

府中交差点から一つ目の交差点に出ました。
右側に斜め向かいにJAの建物が建っています。
r235はここを左に斜めに入るように曲がります。
まっすぐ進みますとr53の旧道になりまして
右に建つ府中小学校を回り込みr53の現道と合流して
池田、神戸方面に向かいます。

岐阜県道235号不破郡垂井町府中

左斜めに曲がり西北西の方向を向かって走ります。
小学校に近いからか狭い道幅ながら
歩道がしっかり整備されていました。

岐阜県道235号不破郡垂井町府中

大滝川に架かる新井橋には歩道が付いていませんでした。
狭い幅のガードレールが欄干の小さな橋を渡ります。

岐阜県道235号不破郡垂井町新井

田んぼの中に民家が点在する中を進みますと
今度は右側にしっかりした歩道が現れました。

岐阜県道235号不破郡垂井町新井

道は右へ大きく弧を描くように右に緩やかにカーブして行きます。
カーブの途中でr53からやってきた市道が合流しますが
ここを道なりに北西方面へと進みます。

岐阜県道235号不破郡垂井町新井

カーブを曲がりまして北寄りに進路を変えますと
道幅が広がりましてセンターラインが現れました。

岐阜県道235号不破郡垂井町新井

民家の点在する中をさらに右に緩やかにカーブして行きますと
中途半端に幅の広い交差点に出ました。
掲げてある標識に従いここを一旦停止しまして
r235は左に曲がり再び西へと進路をとります。

岐阜県道235号不破郡垂井町新井

左に曲がり田んぼが広がる中を西に向かって走りぬけて行きます。

岐阜県道235号不破郡垂井町大石

段々と道の周りに民家が建て込んで来まして集落の中へと入って行きます。

岐阜県道235号不破郡垂井町大石

民家が迫ってくるように道幅は段々と狭くなりまして
とうとうセンターラインが無くなりました。

岐阜県道235号不破郡垂井町大石

民家の壁や軒先をかすめるように進みますが
道幅はそこそこあります。

岐阜県道235号不破郡垂井町大石

右は右にカーブして行きまして北へ向かいます。
カーブの途中で左から合流してくる道が別れています。

岐阜県道235号不破郡垂井町大石

左側にホールケーキのような形の円筒状の病院の建物が建っていました。

岐阜県道235号不破郡垂井町大石

ホールケーキのような病院の先に踏切がありまして
東海道本線の下り迂回線の線路を渡っています。

岐阜県道235号不破郡垂井町大石

右を見ますとアスファルトの広場が広がっていますが
ここが新垂井駅の駅前広場だった場所でして
昔は広場の奥に木造の駅舎が建っていました。

岐阜県道235号不破郡垂井町大石

踏切から線路を右に見ますと線路から離れた所に
長いプラットホームが取り残されていました。

県別岐阜 さまよいの軌跡 轍は残れり