岐阜県道363号一般県道可児停車場線

侘しげな駅前県道蛍橋

路線名岐阜県道363号一般県道可児停車場線
走行区間岐阜県可児市広見→岐阜県可児市広見
走行日2004/7/25
道路状況車線:1.5 路面:良好
交通規制無し
その他注意点特に無し
寸評可児市の中心部を貫くr64とJR可児駅と名鉄新可児駅を結ぶ県道。昔ながらの1.5車線の道が伸びています。

可児市の中心地区広見のr64から可児駅に向けて
市の玄関口とは言い難い心許ない県道が
伸びていますので調査してみました。


スタート

ゴール

マピオン マピオン

岐阜県道363号可児市広見

可児市街地を走るr64を北に向かいまして
広見五丁目の交差点に差し掛かりました。
さすがに市街地だけありまして
交通量はそこそこあります。
この交差点を右に曲りますとr341になりまして
御嵩方面に向かいます。

岐阜県道363号可児市広見

左側の西に向かう道が今回ご紹介するr363になります。
夕方ですので西日が眩しいのですが、
見た感じは2.0車線の普通の道路です。

岐阜県道363号可児市広見

交差点を曲ってすぐの所に小振りなヘキサがありました。
文字は白くはっきり読めるのですが
青い所は古く茶色掛かって鈍い色になっています。

岐阜県道363号可児市広見

歩道付きの2.0車線の道を進みます。
周りは民家が多くてあまり駅前と言う雰囲気はありません。

岐阜県道363号可児市広見

路肩に不自然な形で大きな石が佇んでいます。
まだここら辺も民家が多くて、
この石もどうやら庭石のようです。

岐阜県道363号可児市広見

右手にNTTの建物が見えます。
この交差点で交差するのは市道のようですが
真っ直ぐ行く車よりここを左に曲る車の方が多いみたいです。
更に奥に見える茶色い建物は図書館です。

岐阜県道363号可児市広見

図書館の前を通りすぎますと、
道幅は狭まりまして登り坂になります。
歩道は狭くなりながらも何とか付いています。

岐阜県道363号可児市広見

堤防に登る為の登坂だったようで
蛍橋の袂で登坂は終わりましてこの先で可児川を渡ります。
蛍橋は道幅が少し広くなりまして
乗用車同士の離合は何ら問題はありません。

岐阜県道363号可児市広見

50mほどの蛍橋を渡りますと
今度は堤防を下っていきます。

岐阜県道363号可児市広見

堤防を下ってきますと
周りに少し商店が目立ってきますが・・・

岐阜県道363号可児市広見

しかし商店以上に目に付くのが空き地や更地です。
どことなくもの悲しい駅前です。

岐阜県道363号可児市広見

それでも新可児駅の駅舎が正面に見える
ここらあたりは、何とか商店が建ち並びます。

岐阜県道363号可児市広見

そして駅前のロータリーに出ました。真中には木の生えた緑地帯があり大きなロータリーです。

岐阜県道363号可児市広見

ロータリーからr64方向へ振りかえります。
こうやって見ると少し駅前のように店が建ち並んで見えるのですが・・・

岐阜県道363号可児市広見

その傍らに地図と号かな電光掲示板がありまして、
一応市の玄関口の面目を保っています。
しかし駅前一等地であろう看板の裏が
空き地と言うのはいかがなものか。

岐阜県道363号可児市広見

ロータリーの正面にあるのがJR太多線の可児駅の駅舎です。
ローカル線らしいこじんまりした駅舎が良い雰囲気です。
昔懐かしい信号機がありまして良いオブジェになっています。

岐阜県道363号可児市広見

ロータリーの右手にあるのが名鉄広見線の新可児駅です。
そう言えば昔は可児駅ではなく広見駅だったようなきがします。

県別岐阜 さまよいの軌跡 刹那なる旅路