京都府道564号一般県道松尾吉坂線

潤いのお寺へ登る坂道

路線名京都府道564号一般県道松尾吉坂線
走行区間京都府舞鶴市吉坂→京都府舞鶴市松尾
走行日2006/8/28
道路状況車線:1.0 路面:良好
交通規制無し
その他注意点隘路の山道走行注意
寸評松尾寺とR27結ぶ県道。隘路の山道が続きまして離合に気を使う県道になります。


スタート

ゴール

マピオン マピオン

京都府道564号舞鶴市吉坂

R27を東舞鶴から東に向かって走っています。
JR松尾寺駅前を過ぎしばらく進みますと
左を指すr564のそとばが立っていました。
まっすぐ進みますとR27のまま高浜、小浜方面に向かいます。
ここを左に下る道に入りますとr564になります。

京都府道564号舞鶴市吉坂

右を走るR27はそのままの標高でまっすぐ延びていますが
r564は坂を下って行きまして段々と標高を下げて行きます。

京都府道564号舞鶴市吉坂

左に振って少しR27と離れますと
左の路肩にr564のヘキサが立っていました。

京都府道564号舞鶴市吉坂

左右とカーブが続きまして小さな橋が草むらの中に架かっています。
この橋が跨ぐのは川ではなくJR小浜線の線路になります。

京都府道564号舞鶴市吉坂

左に小さな道が別れまして下の田んぼへ降りて行きますが
r564はまっすぐ道なりに進んで行きます。

京都府道564号舞鶴市吉坂

少しの間だけ右側にコンクリートの擁壁が現れまして
道幅が広くなりますがこの先は左側に警戒標識が
立っているとおり狭くなって行きます。

京都府道564号舞鶴市吉坂

階段状に田んぼが広がる谷が狭くなって来まして
道の上り坂になって来ました。

京都府道564号舞鶴市吉坂

左へ180度ターンしまして右側に立ちはだかる
山に貼り付いて西に向かって坂を登ります。

京都府道564号舞鶴市吉坂

土むき出しの法面に混ざって
苔むしたコンクリートの擁壁もありますが
道幅は狭いまま林の中を走り抜けて行きます。

京都府道564号舞鶴市吉坂

右に大きくカーブしまして杉林の中の
土や草が剥き出しの薄暗い切通しを抜けて行きます。

京都府道564号舞鶴市吉坂

杉林から出まして視界が開けましたが
灌木などが生い茂る緑豊かな景色が広がります。

京都府道564号舞鶴市吉坂

地形の関係で道幅が少し広くなっていましたが
左側の山が迫り道幅が半分以下に絞られています。
土むき出しの法面の為落石注意の看板がありました。

京都府道564号舞鶴市松尾

微妙にクネクネとカーブしながら緩やかに坂を登って行きます。
この先右に大きくカーブして行きます。

京都府道564号舞鶴市松尾

木々に囲まれ薄暗くなった先で左の法面を
回り込むように左にカーブして行きます。

京都府道564号舞鶴市松尾

左側に古いコンクリートの擁壁が立ちはだかり
右にカーブしながら坂を登って行きます。
左の法面の上に建物が見えて来ました。

京都府道564号舞鶴市松尾

道の周りに倉庫のような建物が建っていました
この先の茂みを抜けた所に左に道が別れています。

京都府道564号舞鶴市松尾

左側に少し路肩が広がりまして石段が斜面を登って行きます。
r564はまっすぐ進み左に大きくカーブしながら坂を登って行きます。

京都府道564号舞鶴市松尾

左に建つ民家の庭先をかすめるように
左に大きくカーブして行きます。

京都府道564号舞鶴市松尾

左に駐車場へ入る道が別れていまして
右側の斜面から下ってくる道が合流して来ます。

京都府道564号舞鶴市松尾

左から右に登っていく石段を渡った先で
アスファルト舗装が変わりますがここで県道が終わります。
石段を右に登りますと松尾寺の境内へ向かいます。
左側にはお土産物屋や食堂が立ち観光地の様相です。

県別京都 さまよいの軌跡 刹那なる旅路