三重県道738号一般県道神川五郷線

熊野の山奥連絡県道

路線名三重県道738号一般県道神川五郷線
走行区間三重県熊野市神川町神上→三重県熊野市神川町神上
走行日2006/1/21
道路状況車線:1.5混在 路面:舗装
交通規制なし
その他注意点地図によっては県道指定されていません
寸評R169とr34を結ぶ県道ですが長さは1km程しかありません。

熊野市街から七色峡までやって来ました。
そのまま紀和方面に抜けようと思ったのですが
40が通行止めでしたのでr738を走ってR169へ抜けました。


スタート

ゴール

マピオン マピオン

三重県道738号熊野市神川町神上

r34を熊野市街から神川町にやって来ました。
神上の集落を避けるように神上川を渡りしばらく進みますと
青看板が立っていました。
真っ直ぐ道なりに進みますとr34
七色峡、北山方面に向かいます。
ここを右に曲りますとr738になります。

三重県道738号熊野市神川町神上

青看板の先の交差点は三角形の少し広いものなっています。
右斜めは公園の広場になっています。

三重県道738号熊野市神川町神上

r34は右に公園を従えながら緩やかに
左にカーブしながら延びています。

三重県道738号熊野市神川町神上

右に曲った所にr738のヘキサが立っていました。
右に曲ってすぐに谷の深い神上川を渡ります。

三重県道738号熊野市神川町神上

神上川を渡りますとすぐにコンクリート擁壁が
立ちはだかりまして左に曲らされます。

三重県道738号熊野市神川町神上

緩やかに坂を登って行き右側の擁壁の上を走る
神上の集落から来た道と合流します。

三重県道738号熊野市神川町神上

今まで来た道の正面の道は私道のようでして
r738は神上の集落から来た道なりに左斜めに進んで行きます。

三重県道738号熊野市神川町神上

左の道を進みますとすぐに駐車場のような
スペースが出て来ましてその手前を右にカーブして行きます。

三重県道738号熊野市神川町神上

右にカーブして行きますとコンクリートの古い橋で川を渡ります。
橋の先を右に曲りますと柳谷へ向かいます。

三重県道738号熊野市神川町神上

左側を流れる碇川を渡る橋がありますが
特に何処へ行く訳でも無いようです。

三重県道738号熊野市神川町神上

離合が出来そうな広めの道が土の土手を巻くように
クネクネと延びています。

三重県道738号熊野市神川町神上

ガードレールが欄干の橋で広くて深い谷の碇川を渡ります。

三重県道738号熊野市神川町神上

橋の部分は狭いですが橋の上以外は
1.5車線の離合可能な幅があります。

三重県道738号熊野市神川町神上

左側の七色ダムの駐車場が広がりまして
工事用の小屋が置いてありました。

三重県道738号熊野市神川町神上

右側にモルタル吹き付けの切り立った崖が高くそびえ
左側には駐車場が広がる中青看板が立っていました。

三重県道738号熊野市神川町神上

青看板の先はロータリーのような分離帯のある交差点。
左に曲りますと七色ダムの天端を渡るR169で
北山、十津川、熊野川方面に向かい、
真っ直ぐ方向もR169になりまして
上北川、吉野方面に向かいます。

三重県道738号熊野市神川町神上

七色ダムの天端から交差点を眺めますと
三重県の標識が立っていました。
ダムが和歌山と三重の県境になっています。

県別三重 さまよいの軌跡試練の回廊